つゆくさ 有松絞り浴衣
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENT
インスタグラムも更新中!
MOBILE
qrcode
鳴海へ

先日は鳴海のメーカーさんへ行って来ました。

来シーズンの新作絞りゆかた打ち合わせです。


20181107-01.jpg


鳴海は、東海道の40番目の宿場町。

有松にて発祥した絞りを、鳴海でも多く加工・生産

されていたため、「有松鳴海絞り」ともよばれています。


鳴海は、有松のような風情は残っていませんが、

調べてみたら松尾芭蕉ゆかりの立ち寄りスポットなど、

いろいろあるようです!今度探索してみようと思います。



今回も、染める前の白目の反物を見せてもらいました。


こちらはくも絞り
20181107-02.jpg


こちらは巻上絞り
20181107-03.jpg


どちらも国内で括りをしたもの。


いつも思いますが、この状態から染める職人さんの

技術と集中力はすごいと思います・・・。


そうそう、絞りゆかたは、海外で括りをしているものも

すべて生地も国内の知多木綿です。


帰り、名鉄の駅で。有松がPRされていました!

20181107-04.jpg


とても素敵なパンフレット&映像で。

名鉄さんががんばってくださっていてうれしい(笑)


たくさんの方に、有松絞りのよさを知ってもらえたら

いいな・・・



| 京都、そして有松にて | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松へ

夏が終わったらすぐ!

2019年新作絞りゆかた、制作準備にとりかかるため、

有松へ行ってまいりました。


20180921-01.jpg


20180921-02.jpg


20180921-03.jpg


有松は地元に帰ったような気がして、行くたび

なんだか落ち着きます 笑


久しぶりにお会いしたメーカーさんと、お話できて

楽しかったです。


制作について思うなどは、また別で書かせていただきます。






| 京都、そして有松にて | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松絞り 十二単 有松さんぽ

有松絞りで製作されたという十二単が見たくて、

お休みの日に有松へぶらり。


20180328-10.jpg


とってもキレイでした!

20180328-08.jpg

20180328-09.jpg


この日の有松も福よせ雛がたくさん飾られていて、華やかで

人もたくさん、活気があって楽しかったです。


昔ながらの駄菓子屋さんに寄ったり、有松天満社でお参りも

できました。

20180328-11.jpg


最後はパンをお土産に買って。

お仕事のときはいつも駆け足なので、今度はスタッフたちと

またゆっくり来たいな。




| 京都、そして有松にて | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松で絞り浴衣の撮影
新作絞り浴衣の撮影が終わりました。

ロケは原点に立ち返り、有松にて行いました。




有松にも春が。




ちょうど「福よせ雛」が旧東海道沿いに飾られていて、

とても華やかでした!









有松天満社まで足をのばして。






あらためてお参りに行こうと思います。


そして、今シーズンご紹介する国産の手蜘蛛(手ぐも)絞りを

手がけた職人さんとお会いすることができました!


手蜘蛛絞りを着たモデルさんと記念撮影♪




期待の若手職人の南さん、「かわいいですねー」と、

とてもうれしそうにされていて、お見せできて本当に

よかったです。


今月下旬に販売スタート予定です。

どうぞ新作をお楽しみに!




| 京都、そして有松にて | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松絞り 歴史
2月半ばを過ぎて、ようやく寒さの峠を越したかな?

と思うこの頃。SNSなどを見ていると、春らしい装いを

楽しんでいる方が多く、もう冬は終わりなのですね。


つゆくさでは、夏の準備真っ最中!

先週は今週からの撮影に向けて、新作有松絞りゆかたと

小物を並べ、ひたすらコーディネートしていました。




そして、あらためて「有松絞り」を学びたいと思い、

昔読んだ資料文献を読み直しています。




そもそも有松は、意図的につくられた新しい村だったのですが、

「有松(ありまつ)」という地名は「新町(あらまち)」がなまった

という説があったり、松があった土地を切り拓いてできたという説が

あったり・・・有松の歴史や人々の様子をあらためて知るのは、

ワクワクするほどおもしろい!


また有松絞りは、有松に移り住んだ人々が何かこの地に名産を

つくりたいと思い、手始めに「手蜘蛛絞り」の手ぬぐいをつくり

旅人に売っていたのがきっかけだそう。


「手蜘蛛絞り」は、「三浦絞り」より歴史が古く、まさに有松絞りの元祖。




そう、今シーンはこちらの「手蜘蛛絞り」の国産有松絞り浴衣を

どーんとご紹介しますよ!


鹿の子絞りや三浦絞りほど緻密ではないのですが、有松の人々の

ひたむきさが感じられるような味があります。


まだまだ語りたい有松ですが、そうとうマニアックになるので(笑)

またご報告します!



| 京都、そして有松にて | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
いろとりどりの帯
先日京都へ行きましたら、いつもの取引先さまの

女性の方々みなさまお着物でした!

催事の間は、みんなで着物を着ましょうということらしく、

社内がとても華やかでした。やっぱり着物はいいですね。


担当さんと記念撮影。写真ではよくわからないのですが、

無地の結城紬をお召しでした。秋らしいとってもいいお色。




この日は帯をたくさんいただきました。


特にデパートの展示会で好評の染め帯をズラリと。




美しいお色柄。これら以外、様々なテイストがございます。




おしゃれな西陣の帯。こちらは東京の展示会に

まずお持ちしますね!




私も新しい帯、ほしいな、、。


この日はうれしい再会などもあり、充実した1日でした。


今週は、みなさまに会いに東京へ行きます!

つゆくさ展示会の詳細はこちら>>


| 京都、そして有松にて | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松おすすめのお店
有松でオススメのお店をご紹介!


まずは「有松アトリエ」さん。

おしゃれでセンスのいい小物がたくさん。

ついつい長居してしまいます。




駅前の細い小道を入ったところにある、「まり木綿」さん。

ポップでかわいい色づかいの雪花絞り生地でつくったお洋服や

手ぬぐいなどの小物が並んでいます。




最後に、私も初めてのぞかせてもらった「くくる」さん。

なんと革に絞りをほどこし、オリジナルでバッグやお財布などを

つくられています。(着物サローネにも出店されていました!)

とてもスタイリッシュで、本命へのプレゼントにおすすめ。




ゆっくりお店めぐりをして、ランチは日本料理やまとで。

パン屋「ダーシェンカ」さんで、限定パンをお土産に。

ディナーは今話題の名古屋駅で・・・がおすすめかな。





(あと、ちょっと一息できる、カフェがあるといいな・・・)


機会がありましたら、ぜひ有松へお越しくださいね。




| 京都、そして有松にて | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋晴れの日に、有松へ
先週またまた有松へ。

お天気がよくて気持ちよかった。





来シーズンもほとんどの柄がオリジナルカラーです。

全体のバランス、そしてお客様のリクエストも頭におきながら

色だし。どんな色に仕上がるかワクワク・・・




ハート柄の絞り浴衣・・・どんな色に染まるかお楽しみに!









| 京都、そして有松にて | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
有松へ
2018年新作絞り浴衣を発表に向けて、いざ有松へ!

お色柄のリクエストも頂戴し、ありがとうございました。


土日は観光客でにぎわっている有松も、平日は比較的静か。

駅から歩く道のりが好き。








本藍染めの国産絞り浴衣も見せていただきました。




深みのある色合いがたまらない。いつか手に入れたい憧れの浴衣。


技法も染色も様々な絞り浴衣は、知れば知るほどおもしろい、奥深い。

出来上がりが私たちも楽しみです。









| 京都、そして有松にて | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりの有松
メーカーさんと来夏の打ち合わせのため有松へ。




まだ夏は終わっていないのに・・・!

やはり職人さんたちが不足しており、出来上がりに時間が

かかるため、年々早くなります。





残暑厳しい有松は、車も少なくとても静かで、

これまでご紹介してきた浴衣のこと、出会った職人さんお客様・・・

いろいろな思いを馳せながら、旧東海道を歩きました。





来年はどんな夏になるのだろう・・・?

今からワクワク楽しみです!
| 京都、そして有松にて | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>